ニキビの治療において、原因を探って対処することは早くニキビを治すために大切なことですが、実はビタミン不足がニキビの原因になることをご存じでしょうか? そもそもビタミンとは私たちの体の中でどんな役割を持つのか、あらためて考えてみると知らないことも多いのではないかと思います。
続きを読む

本日は、ニキビ跡の種類と、ニキビ跡の治し方について。


ニキビよりも、ニキビの跡が気になってしまうという方も多いのではないでしょうか。

ニキビ跡というのは、炎症や傷、または色素沈着によるシミの状態のことです。

大切なことは、ニキビ跡の種類を知り、その種類に合わせて対策や治療を行うことです。

  ここでは、そんなやっかいな「ニキビ跡」を、症状別にキレイに治してしまうためのテクニックを全て教えます。

まずは、思春期ニキビと、大人ニキビという2つの種類について確認していただいてから、ニキビ跡について解説します。

 続きを読む

本日はニキビケアと肌質、食べ物について。


暖かくなるにつれて、現われがちな肌トラブルや、ニキビや吹き出物。

季節の変わり目は体調が不安定になりがちなこともあり、一時的に肌あれ症状に見舞われてしまう人が多いと思いですよね。

ニキビケアをしていると思っていても、なぜか「ニキビがなくならない!」なんてこともよくあることです。

もしかしたらそれはニキビケアの方法が間違っているのかもしれません。

正しいニキビケアをしていけばニキビのない美肌を維持することができます。

そこで今回は、今日から実践できる正しいケアの方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次


1.ニキビの原因とは何か?
1-1.思春期ニキビの場合
1-2.大人ニキビの場合(20代以降)
2.肌質別の正しいニキビケアとは
2-1.乾燥肌のニキビケアの場合
2-2.敏感肌のニキビケアの場合
2-3.オイリー肌のニキビケアの場合
2-4.混合肌のニキビケアの場合
2-5.アトピー肌のニキビケアの場合
3.正しいニキビケアの方法とは?
3-1.洗顔を意識すること
3-2.食べ物にも気を遣うこと
3-3.化粧水や乳液でしっかり保湿する
3-4.化粧品の見直し
4.肌荒れやニキビの対策は何をすればいいのか?
4-1.しっかり睡眠をとること
4-2.適度な運動をして汗をかくことを心掛ける
4-3.タンパク質やビタミン類を取り入れた食事
4-4.紫外線
4-5.皮膚科も検討する
5.漢方のニキビケアとは?
5-1.漢方のメリット
5-2.漢方のデメリット
5-3.体質を見極めること
5-4.漢方の購入
6.まとめ

1.ニキビの原因とは何か?

「ニキビの原因とは何か?」の画像検索結果

出典 | kirei-kenkou , 

基本的にニキビはどの年代にもできますが、年代によって原因が変わってきます。

ニキビは尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)とも呼ばれる皮膚疾患の一つです。

とくに思春期などに顔や背中を中心に、赤みを帯びたり中心に膿を持ったりすブツブツがたくさんできるのが特徴にです。

ニキビは思春期だけでなく、20代後半から30代以降でもできることがありその場合は吹き出物(大人ニキビ)と呼ぶことがあります。

青年期以降にできるニキビは、思春期の時にできるニキビと原因が異なることもあり治療方法も変わってきます。

ニキビや吹き出物をそのままにしておくと、いつまでも繰り返しニキビができたり、ニキビ跡が悪化してしまったりします。

自分のニキビの原因を知ることで繰り返すニキビを軽減したり、悪化することを防ぐことができます。

その原因によってニキビケアの方法も、使うニキビケア用品も変わってくるのです。

では、年代別のニキビの原因について紹介しますので、自分のニキビがなぜできるのか考察してみましょう。

人気の検索キーワード TOP10

1-1.思春期ニキビの場合

「思春期ニキビの場合」の画像検索結果

出典 | ニキビ肌荒れを綺麗に治す方法を元汚肌の20代男が語るブログ 

まず、10代の思春期ニキビケアは「余分な皮脂を取り除くこと」がポイントとなります。

一般的に10代のニキビを思春期ニキビと言い、その頃は成長ホルモンが多く分泌されている影響で皮脂が過剰に分泌してしまうことは知っていますか? 思春期ニキビは、その過剰に分泌した皮脂が毛穴を詰まらせて、ニキビになってしまうというのがよくある流れです。
この思春期のニキビケアは洗顔でしっかりと余分な皮脂を落とすこと、そして保湿をして肌を健康な状態で保つことが必要です。

しかし、10代でも学生の頃はまだ高いニキビケア用品なんて買えないのでどんな洗顔料を買うかわからないかもしれません。
おすすめなのが刺激の少ない洗顔料で肌の汚れをしっかりと落とすことです。

刺激が少ないものは肌に負担もかかりにくいので、新たなニキビを防ぐことができます。

やりすぎも禁物ですが、きちんとケアしてあげないと成人以降に跡が残ってしまう可能性が高いので、慎重に行ってみてくださいね。

参考記事

1-2.大人ニキビの場合(20代以降)

「大人ニキビの場合」の画像検索結果

出典 | ニキビケア化粧品を徹底比較!大人ニキビ悩みの最終兵器は? 

一般的に20〜30代以降のニキビは大人ニキビと言われています。

大人ニキビはフェイスラインに出来やすいので、フェイスラインや顎や口周りに出来やすくなります。

Uゾーンとも呼ばれます。

ニキビの理由として最もあげられるのは、ホルモンバランスが大きく関係しています。

ホルモンバランスが乱れる原因の多くは、ストレスや睡眠不足による生活習慣の乱れや環境の変化などが影響します。

ストレスや睡眠不足が原因の場合は、化粧水や美容液でケアをしても、なかなか根本的な解決にはなりません。

特に毛穴の小さい顎は、その影響を受けやすく、皮脂がたまってニキビになりやすいです。

大人ニキビは自分の肌に合ったニキビケア用品をしっかり使うこと、そして正しい使用法でケアすることで未然に防ぐことができます。

肌が常に乾燥している状態なら刺激に弱いので、刺激が強いケア用品で肌トラブルが起こる可能性もあります。

アレルギー等や肌が弱っている場合はさらに悪化する場合もあるので、自分の肌を見極める必要があります。

 

2.肌質別の正しいニキビケアとは

ニキビケアと予防方法を肌質によって分けて紹介しています。

最も理想的な方法は肌を清潔に保ちつつも、ニキビを刺激しないことです。

洗顔料なら、“泡立たない洗顔料”を選んでみるのも一つの手です。

ジェルやクリームタイプの泡立たない洗顔料はクッション性に優れているので、保湿クリームやジェルを伸ばすような手応えで汚れをオフできることが特徴だと言えます。

肌をゴシゴシと摩擦してしまうことがありませんので。

それぞれの正しいケアと予防策について確認してみましょう。

自分の肌質に合ったケア方法を知りましょう。

2-1.乾燥肌のニキビケアの場合

「乾燥肌のニキビケアの場合」の画像検索結果

出典 | ORBIS Inc. 

基本、ニキビはベトベトのオイリーな肌にできやすいと考えがちですが、実は皮脂が不足した乾燥肌って知っていますか? その理由は、乾燥した肌はみずみずしい健康な肌と比べると毛穴が詰まりやすくなるのです。

乾燥してしまった肌は皮脂が著しく不足してしまうため、細胞の新陳代謝が悪くなってしまいます。

細胞の新陳代謝が悪くなると細胞分裂が減って新しい細胞が作られなくなってしまうため、古い肌細胞がいつまでも皮膚に残ってしまうことになります。

これらにより本来は肌のターンオーバーによって剥がれ落ちる皮脂や汚れが毛穴に詰まりやすくなってしまうのです。

そして、毛穴に詰まった皮脂や汚れを餌にしてアクネ菌が増殖してニキビになるのです。

ニキビケア

乾燥によるニキビ肌を治すためには水分補給と保湿が重要なります。

ニキビケアに化粧水は必須です。

肌を潤す効果があるので、肌を健康にする・乾燥を防いでくれるといった事に繋がります。

化粧水には美白の効果や保湿の効果、アンチエイジングの効果など様々なものがあります。

ニキビケア用品としてなら保湿効果が高いものがおすすめです。

これはまず、しっかりと洗顔をしたら化粧水でしっかりと水分を肌に与えてあげることが重要です。

この時、できればビタミンC誘導体やヒアルロン酸などの成分が配合したものを選ぶと、肌の内部まで水分が行き届かせることができると思います。

化粧水で水分を補給したら、その水分が外に逃げないようにクリームなどでしっかりと保湿を行います。

クリームはオイルが配合されているので、乾燥を防ぐためにはクリームを使うことをおすすめします。

乳液やクリームは化粧水を肌に馴染ませた後に使用します。

化粧水で肌に潤いを与えても時間の経過とともに潤いは逃げてしまいますが、乳液やクリームで肌に蓋をすることによって潤いを肌に閉じ込めることができますよ。

2-2.敏感肌のニキビケアの場合

「敏感肌のニキビケアの場合」の画像検索結果

出典 | ニキビをオロナインで治す方法について! 

敏感肌の方は皮膚が刺激に弱く、ちょっとした刺激でも肌にトラブルが起こってしまいます。

特に、強い日差しの紫外線や細菌、花粉などアレルギー物質に強く反応します。

そして、敏感肌の方は肌のバリア機能が弱いので当然ながらニキビもできやすくなります。

個人差がありますので注意が必要です。

ニキビケア

お肌が敏感肌の方のニキビケアは、まず肌に対する刺激を最小限に抑えることが重要になります。

洗顔時に冷たい水でなくぬるま湯を使うことで刺激を抑えることができます。

また、洗顔料を使うときには泡立てネットなどを使ってきめ細かい泡でやさしく洗いあげると刺激を抑えられます。

さらに言えば、顔を拭くときもゴシゴシこすらずに、タオルを顔に押し当てるような感覚で拭くようにしましょう。

そういう意識も必要ですよ。

ニキビケアには化粧水やクリームなどで保湿することも大切ですが、化粧水やクリームにはアルコール成分が使われていたり、香料や防腐剤が含まれて使われているものがあります。

このような成分は肌に強い刺激を与えるため、配合成分に注意することも大切なポイントです。

2-3.オイリー肌のニキビケアの場合

「オイリー肌のニキビケアの場合」の画像検索結果

出典 | ニキビの教科書 

ニキビの主な原因の一つは皮脂の過剰な分泌というのは最初の方で説明しました。

特に思春期のニキビは皮脂が原因のことがほとんどです。
過剰な皮脂が毛穴の中に詰まってしまうと、そこでアクネ菌が繁殖し炎症を引き起こしてしまいます。

ニキビケア

普段から皮脂が多くお肌がベタベタしているならば、まずは皮脂の分泌を抑えることがポイントになります。

肌の皮脂を抑えるためのポイントの一つは洗顔です。

正しい洗顔で余分な皮脂を洗い流すことでニキビを予防することができます。

洗顔料などを使って、毎日の洗顔を習慣づけるようにすることが大切です。

ただし、一日何度も洗顔したり、多量の洗顔料を使って洗顔したりするのはNGです。

皮脂はニキビの原因となりますが、皮脂をすべて洗い流してしまうとかえって皮脂の分泌量が増えてしまい、オイリー肌になってしまいます。
適度に皮脂を残すよう、1日2回程度の洗顔が適当です。

さらに言えば、皮脂の分泌量は食生活の改善によっても減らすことができます。

特に脂質の多い食事が好きな方は、野菜中心の食事に切り替えることでニキビを改善することができると思います。

飽和脂肪酸をたくさん含んでいるバターなどの乳製品や脂の多い肉などの摂り過ぎには注意しましょう。

2-4.混合肌のニキビケアの場合

「混合肌のニキビケアの場合」の画像検索結果

出典 | スキンケア通販アプロスの美容コラム スキンケア通販「アプロス」 

実は、肌のタイプには乾燥肌とオイリー肌が混在する「混合肌」って知っていますか? また、混合肌にも特定の部位は乾燥しているけれど、別の部位はオイリーだという場合もあります、一方肌の表面は乾燥しているけれど、その内部はオイリーだということもあるのです。

いずれにしても、混合肌の方にニキビができてしまった時は、両方のケアをしなければならないのでとても難しいケアとなります。
まず、部位によって乾燥とオイリーが分かれているならば、それぞれに対応したケアが必要になってきます。

ニキビケア

一般的には、Uゾーンは乾燥しやすくTゾーンはオイリーになりやすいので、Uゾーンには十分な保湿を行いながら、Tゾーンだけに洗顔料を使って皮脂を洗い流すとバランスの良い肌となります。 肌の表面だけが乾燥している場合は、 外的な要因が大きく影響していることがあります。

特に影響が大きいのがエアコンになります。

本来、オイリー肌の方でもエアコンの効いた室内は乾燥が強いため、肌の表面だけが乾燥してしまうことが多いのです。

対処としては、加湿器などを上手に活用して肌の表面の乾燥を防ぐだけでもニキビ肌の改善に効果があります。

2-5.アトピー肌のニキビケアの場合

「アトピー肌のニキビケアの場合」の画像検索結果

出典 | WELQ [ウェルク] | ココロとカラダの教科書 

アレルギー性のアトピー性皮膚炎をお持ちの方の中にはニキビで悩んでいる方がたくさんいます。

アトピー性皮膚炎とニキビが一緒に出てしまうととても辛く、また、ケアも難しくなってくるのです。

注意してケアをしていきましょう。

ニキビケア

アトピー性皮膚炎の方にニキビが出やすい理由の1つは、アトピー治療に使われるステロイドの影響と言われています。

このアトピー性皮膚炎は、外部の刺激に対して体の免疫作用が必要以上に強く反応してしまうことで起こります。

そのため、処方ステロイドを使って免疫力を抑えて症状を抑えるわけですが、免疫力が低くなればニキビの原因となるアクネ菌が繁殖しやすくなるので、結果としてニキビができやすくなってしまう怖れがあるのです。

このようなニキビを「ステロイドニキビ」と呼ぶこともあります。

アトピー性皮膚炎とニキビのどちらかの症状を改善しようとすると、もう一方の症状が悪化してしまう可能性もあります。

皮膚科に行って相談するか、慎重なケアしましょう。

 

3.正しいニキビケアの方法とは?

日々のニキビケアは正しい方法ですることでしっかりとニキビを防ぐことができます。

間違ったやり方ではニキビは根本的になくならないので、正しい方法を知って今日から実践してみましょう。

ではその正しい方法について説明していきたいと思います。

3-1.洗顔を意識すること

「洗顔を意識すること」の画像検索結果

出典 | 健康と美容の改善・解消法、コスメ、食品、サプリメントなどご紹介する情報サイト健康・美容 意識UP 総合サイト 

洗顔をする前にまずは手を綺麗に清潔な状態にしておきましょう。

手に雑菌が付いている状態で洗顔をすると、雑菌が肌についてニキビの原因となってしまいます。

そして、手を清潔にしたら洗顔を泡立てネットでよく泡立てましょう。

よく泡立てればしっかりとした泡になるので、その泡で顔全体を優しくおおうように洗っていきます。

この時に注意したいのが、強くこすらないことです。

顔の汚れは泡で優しく洗うだけできちんと落ちます。

逆に強くこすると肌に負担がかかるので肌荒れの原因となってしまうのです。

泡で顔全体を洗い終えたら水かぬるま湯で泡を落としきります。

そして清潔なタオルで顔をよく拭いておきましょう。

この辺のやり方は是非とも意識して実践していきましょう。

3-2.食べ物にも気を遣うこと

「食べ物にも気を遣うこと」の画像検索結果

出典 | WELQ [ウェルク] | ココロとカラダの教科書 

ニキビというのは食生活の偏りでもできてしまいます。

脂っこいものが中心の食事や、お肉ばかり・魚ばかりなどの栄養バランスが偏った食事は体にも肌にも絶対に良くありません。

肉・魚・野菜をバランスよく食べていくことで肌の不調も改善されます。

できれば、和食中心にしてビタミンB群を多く摂取することがケアにもつながりますよ。

3-3.化粧水や乳液でしっかり保湿する

「化粧水や乳液でしっかり保湿する」の画像検索結果

出典 | WELQ [ウェルク] | ココロとカラダの教科書 

最後に洗顔が終わったら次は化粧水です。

化粧水は手のひらに適量を取り、肌全体に馴染ませていきましょう。

両手を使って肌に馴染ませるように滑らせ、馴染んだら優しく化粧水を押し込んでいきます。

ニキビが出来やすい部分があれば化粧水の二度付けもおすすめです。

美容液を使う場合は化粧水の後です。

美容液も適量を顔全体に優しく馴染ませておきましょう。

化粧水を馴染ませたら乳液やクリームです。

こちらも手のひらに適量を取り、顔全体に馴染ませて優しく押し込んでください。

保湿はニキビケアでは必須ですので、是非おすすめです。

3-4.化粧品の見直し

「化粧品の見直し」の画像検索結果

出典 | LAR 

脂性って気になると思います。

脂性の方に多いのが、スクラブが入っている洗顔料を使って、特に泡立てもせずに力強く洗ってしまうというやり方です。

これは、逆効果と言えます。

肌を傷つけるだけでなく、余計に水分を奪ってしまい、肌が乾燥しすぎてしまうからです。

ニキビが奇異なるお肌には余計な添加物を含まない天然由来の洗顔料がおすすめです。

洗顔料を買う際は、原料をチェックしてから購入するようにしましょう。

また、洗顔後は化粧水で保湿するようにしましょう。

洗顔料で洗うだけだと、肌の水分が逃げてしまい、そのため過剰に皮脂を排出してしまいます。

 

4.肌荒れやニキビの対策は何をすればいいのか?

ニキビケアとは言っても、肌荒れやニキビを予防する基本的な対策方法があります。

基本的な対策を行うだけで、ニキビが増えたり悪化することを防ぐことができます。

4-1.しっかり睡眠をとること

「しっかり睡眠をとること」の画像検索結果

出典 | Peachy 

吹き出物の肌荒れやニキビの大敵の一つは不眠が原因であるとも言われているのです。

肌は睡眠をとることで、成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは一日過酷な状況にさらされた肌を睡眠をとることで、傷んだ肌の細胞を修復します。

睡眠がとれなくなってしまうと、著しく成長ホルモンが分泌されにくくなってしまい、結果的に肌荒れやニキビができてしまうのです。

睡眠は精神的ストレスがあることで取れなくなってしまうこともあるので、ストレスの原因を突き止めてストレスを緩和させることも必要な措置です。

また、成長ホルモンは夜の22~2時辺りに濃厚に分泌されるので、できるだけ22時には入眠できるように心がけましょう。

身体のメンテナンスはお肌にもダイレクトに影響することを意識しましょう。

4-2.適度な運動をして汗をかくことを心掛ける

「適度な運動をして汗をかくことを心掛ける」の画像検索結果

出典 | CyberAgent, 

日々、適度な運動をすることで身体は汗をかきます。

汗は身体の中のいらない毒素を外へ出す役目も果たしていているのです。

ニキビができる原因として、身体の中に溜まった毒素が原因であることもあります。

身体の中に毒素が溜まったままになってしまうと、その毒素は活性酸素となって様々なダメージを与えてしまいます。

身体が疲労を感じるまでの過激な運動は必要ありませんが、休日でも良いので軽く汗をかく程度の軽い運動をしてみるのが適切と言えます。

特に注意が必要なのが、必ず汗をかいたら汗をしっかり洗い流すようにしましょう。

汗をそのままにしておくと、汗が酸化して肌トラブルの原因になってしまいます。

運動後はシャワーや洗顔をして、しっかり水分をとるようにしましょう。

生活習慣改善の一つなので、適度な運動は必要と言えます。

4-3.タンパク質やビタミン類を取り入れた食事

「タンパク質やビタミン類を取り入れた食事」の画像検索結果

出典 | WELQ [ウェルク] | ココロとカラダの教科書 

このニキビケアを予防するためには、質のいいバランスのとれた栄養を補うことが必要だと言えます。

特にニキビを予防するためには、以下のビタミン類を補給することが良いとされています。

・ビタミンA:お肌の潤いを保ち、肌の再生を促す効果 ・ビタミンB2:お肌から出る皮脂の分泌をコントロールしてくれる ・ビタミンB6:新陳代謝を促して新しい肌の再生を促す効果 ・ビタミンC:メラニンの生成を抑制し、ニキビ跡やシミを薄くする効果 ・タンパク質:肌のターンオーバーを促し新しい皮膚を再生する効果 ・食物繊維:脂肪を分解しやすくしたり便秘通を良くする効果が期待できる ・コラーゲン:新しい肌を再生したり、肌細胞に酵素を取り入れたりする効果 栄養素をバランスよく摂取することで、ニキビができたり悪化するのを防ぐことができます。

しかし、現代の毎日の食事からはすべての栄養をバランスよく補うことは難しいと思います。

基本は食事から栄養を補うことを念頭に、それでも無理な場合はサプリメントや栄養ドリンクなどを摂取するようにしましょう。

現実的なのはサプリメントです。

食事は身体の活力にもなるので、日々改善していくことも大切だと言えます。

4-4.紫外線

「紫外線」の画像検索結果

出典 |  Mynavi  

この紫外線というのはニキビ肌にとって大敵です。

常に皮膚に皮脂があると紫外線を浴びることで皮脂は酸化してしまうのです。

皮脂が酸化すると、毛穴の詰まりや毒素を発生させて結果、ニキビができてしまいます。

極力、紫外線を浴びないようにするのは、シミやしわ、日焼けだけでなくニキビを発生させないようにすることもできます。

UVケア商品も最近ではニキビができやすい人用に、サラッとしたつけ心地やニキビになりにくい処方(ノンコメドジェニック処方)になっているのでニキビができやすい人も安心して使えます。

また、外に出るときは日傘や帽子をかぶるなど紫外線を肌に受けない工夫も必要です。

私たちが思っている以上に日常では紫外線を受け続けているのです。

気を付けましょう。

4-5.皮膚科も検討する

「皮膚科も検討する」の画像検索結果

出典 | 剛毛女性必読!【※知っておきたい脱毛&ムダ毛処理方法】 

常に食生活や生活リズムなどすべてを試してみたが、ニキビが減らなかったり悪化したりする人も中にはいると思われます。

そういう時は一度皮膚科を受診して相談してみましょう。

皮膚科では内服の薬や塗り薬を処方してくれます。

最近では、美容皮膚科と呼ばれる、肌トラブル専門の皮膚科もできていますので、安心して受診することができます。

 

5.漢方のニキビケアとは?

「漢方のニキビケアとは?」の画像検索結果

出典 | ニキビケアネット-ニキビの原因から治し方まで丁寧に解説-  

ニキビケアをしても数年治らない、体質改善しながらニキビケアしたい。

そんな方は漢方を取り入れてみてはいかがでしょうか。

自律神経を整え、体の根本から立て直すため、ニキビが治るだけでなく、できにくい体質に整える働きも。

漢方ならではの体感できるメリットをご紹介したいと思います。

5-1.漢方のメリット

漢方の大きなメリットというのは、西洋薬と比較すると、副作用のリスクが低いという事です。

漢方薬も薬ですから飲み方次第では、副作用のリスクがあるのです。

しかし、西洋薬に比べると、それほど強くないと言われています。

一般的に、漢方薬は何種類かの薬物を組み合わせて作られています。

これは、中国で昔から、臨床経験によってできたもので、その組み合わせによって作用を強めたり、副作用を抑えたりしています。

また、漢方は医療ですので、どういった症状や、体質に用いるかということが、厳格に決められており、正しく服用すれば、副作用なく改善することができるのです。

5-2.漢方のデメリット

長い期間かかり、なおかつ苦く飲みにくいです。

続いて、漢方薬のデメリットをご紹介します。

漢方薬のデメリットは、即効性が低いという点が挙げられます。

漢方というのは、毎日飲み続けることで、徐々に体質改善をしていくというものです。

その為、即効性が乏しいというデメリットがあります。

また、味に癖が強いものも多く、人によっては飲みにくさを感じます。

味に関してはどうにもなりません。

我慢しましょう。

5-3.体質を見極めること

著しく体質改善ができるため、体の中からニキビ予防ができるという点が挙げられます。

漢方を処方される場合、まず、薬局などですでに処方が組まれた状態になっているもの。

もう一方は、ひとり一人の症状にあわせて調合する「オーダーメイド」漢方。

オーダーメイドの場合は高額ですが、より効果が高いといわれています。

その人の体質を見極めた上で、その人に合う漢方薬を処方するために多少コストが生じてしまいます。

5-4.漢方の購入

この漢方薬というものは医薬品なので、漢方薬を扱っている医療機関を通じる方法と薬局で購入があります。

2009年6月の法改正以降、インターネットでの新規購入ができなくなってしまいましたが、病院や薬局での購入はできるのです。

ただし、一般の医師や薬剤師は漢方薬と西洋薬と同じように考えている場合もまれにあります。

できれば、漢方専門の病院や薬局を利用するのがよいと思われます。

   

6.まとめ

ニキビケアは思春期ニキビか大人ニキビかによってケア方法が変わってきます。

しっかりとスキンケアをしていても、ストレスや睡眠不足などが重なればニキビは出来てしまいますよね。

しかし、どちらにも共通するのが肌を清潔にして潤いを保つことです。

この二つが肌を健康な状態にし、ニキビの出来にくい肌へと導いてくれます。

日頃からしっかりとケアしていれば自然とニキビは減っていきますので、自分の肌に合ったニキビケア用品で正しくケアしていきましょう。

そのニキビを初期段階の状態で治せればいいのですが、化膿してしまったニキビは皮膚科に行って治療することもおすすめです。

皮膚科で治療すれば跡が残らずに綺麗に治せますので、膿んでしまったニキビはお医者さんに治してもらいましょう。

皮膚科に行くとニキビケアのクリームが処方されると思います。

そのクリームは化粧水の前に塗ることで膿んでしまったニキビを早めに治してくれます。

是非、参考にしてみてください。

参考記事

本日はニキビケアと化粧水について。



毎日、しっかりとニキビのスキンケアしているつもりなのになかなか治らないニキビってありますよね。

それはもしかしたら化粧水があっていないのかもしれません。

そこで、ニキビケアのおすすめは何かを考察していきたいと思います。

大人ニキビは繰り返し同じところにできたり、ニキビ跡が残りやすかったりして悩みの種になっている人も多いことでしょう。

しかし、その原因がわかれば改善策を見つけるのも簡単です。

今回は『化粧水』にフォーカスしていこうと思います。

目次 1. 大人ニキビとはなにか
1-1. 大人ニキビとは?
1-2. 大人ニキビの原因
1-3.大人ニキビの治療法は思春期のニキビとは違う
1-4.大人ニキビに効果的な成分とはなにか?

2. ニキビケアの化粧水選び
2-1. 化粧水の効果
2-2. 効果的な成分・製品

3. 大人ニキビにおすすめの化粧水
3-1. 大人ニキビに効く化粧水
3-2. ビタミンC誘導体配合のおすすめ化粧水
3-3. リーズナブルで手に入れやすいおすすめ化粧水とは

4. 正しい化粧水のつけ方&アフターケア
4-1. 正しい化粧水のつけ方
4-2. アフターケア
5.ニキビケアに必要な道具は?
6. まとめ

1. 大人ニキビとはなにか

「大人ニキビとはなにか」の画像検索結果

出典 | Locari 

大人ニキビとはどういったものなのか? 端的に言えば、大人ニキビとは20代以降にできるニキビのことで、年代ごとにそれぞれに特徴があります。

また、再発しやすいことやニキビ跡が残りやすいなどの特徴もあります。

ここでは、「大人ニキビ」についてご紹介します。

1-1. 大人ニキビとは?

大人ニキビは「20代以降にできるニキビ」のことを指します。

10代の頃にできる思春期ニキビとは違い、生活習慣の乱れや間違ったケアの仕方が原因となることが多いのです。

大人ニキビの症状は、皮脂で毛穴が塞がってしまう「白ニキビ」、皮脂が多い場所にできやすい「黒ニキビ」、毛穴に炎症が起こる「赤ニキビ」、炎症が悪化して化膿した「黄ニキビ」に分類され、そのあとは紫ニキビ色になります。

そしてそれがシミのように跡になってしまうのがニキビ跡です。

加齢とともに肌状態も変わっていき、皮脂の量や内的要因と外的要因が重なり合って大人ニキビを引き起こすと言われています。

カサついているのに皮脂の量が多くベタつくというのも、大人ニキビの特徴と言えます。

参考記事

1-2. 大人ニキビの原因

まず、大人ニキビの主な原因は生活習慣の乱れやストレスといった「内的要因」と、間違ったスキンケアや不潔といった「外的要因」の2つにわけられます。

◆内的要因 内的要因とは、心身の内側から生まれる原因のことを指し、 ・食生活の乱れ ・睡眠不足 ・ストレス ・ホルモンバランスの乱れ などが原因となることが多いです。

◆外的要因 外的要因とはその名の通り、外からの刺激による要因です。

・肌が清潔に保たれていない ・洗顔方法が間違っている ・紫外線の浴びすぎ ・肌の乾燥 と言ったところでしょうか。

他にも細かな原因があるかもしれませんね。

大人ニキビの原因は、加齢によるホルモンバランスの乱れで起こることが多いようです。

特に、加齢による肌荒れは、肌の水分量が減少することで起きると言われています。

肌が乾燥すると、その水分を補うために皮脂の分泌量が増えるのだそうです。

だからカサついているのにベタつくという状態が生まれるようです。

これにはストレスや睡眠不足、不規則な生活などによってホルモンバランスが乱れることが大きな原因となっているようです。

ホルモンバランスが乱れると肌が乾燥したり、紫外線などのダメージを受けやすくなると言われています。

また不規則な生活によって、肌のターンオーバーが正常に機能しなくなるのも肌荒れの原因となるようです。

1-3.大人ニキビの治療法は思春期のニキビとは違う

大人ニキビの治療法は思春期のニキビとは違って、ただ単純に洗えば良いというわけではないのです。

特に、毛穴につまった皮脂や老廃物を取りのぞくことも大切ですが、スクラブ入り洗顔剤などを使うのは控えるべきでしょう。

肌に優しいマイルドピーリングなどを使って毛穴のつまりを取り、優しく洗い流します。

そして、ビタミンC配合の化粧水や美容液などで保湿をしっかりとしましょう。

あとはバランスの良い食事や睡眠、規則正しい生活を心がける。

それでも改善できないようならば、皮膚科などに相談して、ニキビ跡が残らないようにしましょう。

繰り返しできるのも大人ニキビの特徴ですので、日々のケアが大切なのです。

1-4.大人ニキビに効果的な成分とはなにか?

また、大人ニキビに効果的な成分として指摘されているのがビタミンC誘導体というものです。

このビタミンC誘導体は、大人ニキビの原因となる皮脂の分泌を抑える働きがあると考えられています。

肌の水分量を正常に保ち、美白効果も期待できます。

小さなニキビ跡にも効果があると考えられます。

また、グリチルリチン酸ジカリウムは炎症を抑える働きが期待できるので、すでにできてしまった大人ニキビの改善に役立つでしょう。

これは甘草から採れる天然成分です。

他にも、「ハマメリスエキス」や「エゾウコギエキス」は収れん作用があると言われていますので、開いた毛穴を引き締められる効果も期待できますね。

 

2. ニキビケアの化粧水選び

「ニキビケアの化粧水選び」の画像検索結果

出典 | 大人ニキビにおすすめの化粧水【化粧品ランキング】 

出典 | マツモトキヨシ 

毎日使う化粧水ですが、そもそも化粧水の効果や大人ニキビに有効な成分はご存知でしょうか? ここでは、大人ニキビの原因に特化した化粧水がお肌にもたらす効果と大人ニキビに有効的な成分・製品について紹介したいと思います。

2-1. 化粧水の効果

化粧水というのは大人ニキビにとってどのような効果があるのか、化粧水には、 お肌の油分と水分のバランスを保ち、お肌を潤わせます。

化粧水の配合成分によってお肌の環境を整えるという働きがあります。

この働きによって、 大人ニキビの原因のひとつである「肌の乾燥」をケアすることと、大人ニキビに効果的な成分を配合した化粧水で肌環境を整えるということが、大人ニキビの改善につなげられるのです。

2-2. 効果的な成分・製品

大人ニキビに効く成分・製品はいくつかあります。

化粧品を選ぶのにニキビ改善を目的とする場合、ニキビケア専用の化粧品を選ぶ方が多いと思います。

そこで、ニキビケア化粧品に含まれる代表的な有効成分を挙げるとともに、それぞれの成分がどうニキビに作用するのかを紹介します。

化粧品を選ぶ際の参考にしてみてください。

・イオウ(硫黄)

イオウは温泉にも含まれる成分で、ニキビに有効な作用として、アクネ菌の繁殖・殺菌作用、抗炎症作用、角質柔軟作用などが挙げられます。

イオウが含まれる化粧品として挙げられるのは主に化粧水で、他にもニキビ治療薬などにも使われることが多い成分です。

ただし、イオウには乾燥作用があります。

多くの思春期ニキビのように、皮脂の過剰分泌が原因である場合には効果が期待できますが、乾燥が原因でできるニキビには逆効果である場合があります。

イオウが含まれる化粧品等を使用する場合、乾燥肌の方は注意が必要です。

・ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は余分な皮脂を抑え、ニキビ予防に役立ちます。

また、美白作用もあるのでニキビ跡にも有効。

肌に吸収されにくいビタミンCを、肌に浸透しやすい状態に改良した成分をビタミンC誘導体といいます。

ビタミンCがニキビ改善に良いところは、抗炎症作用と皮脂抑制作用にあります。

抗炎症作用により赤ニキビの炎症を抑え、皮脂抑制作用により皮脂の過剰分泌を抑えて、ニキビをできにくくする効果が期待できます。

・グリチルリチン酸

グリチルリチン酸は炎症を抑える働きがあり、甘草から抽出されるため肌に優しい成分です。

ニキビケア化粧品に表記されている名称は「グリチルリチン酸ジカリウム」、「グリチルリチン酸ニカリウム」、「グリチルリチン酸2K」と様々ですが、これらは同じ成分です。

グリチルリチン酸には抗炎症作用があり、主に赤ニキビの症状を抑える効果があります。

なお、1日あたり40mgを超える摂取量で副作用を起こす可能性があると言われていますが、化粧品に配合されたグリチルリチン酸は外用なので、それほど心配することはないでしょう。

・サリチル酸

サリチル酸もイオウ同様、アクネ菌の繁殖・殺菌作用、角質柔軟作用がありますが、配合量によって肌への効果も変わってきます。

化粧品への配合は0.2%までと定められており、大きな効果を期待する場合は、医薬部外品か医薬品、ニキビ予防を目的とする場合は化粧品を選びましょう。

・オイル・アルコールフリー

オイルはアクネ菌の餌となり、ニキビの悪化につながります。

アルコールはお肌の乾燥を早め、刺激も強いのでニキビ肌にはNGです。

オイル・アルコールフリーの製品を選びましょう。

・ノンコメドジェニック製品

ノンコメドジェニック製品とは、ニキビのできやすい成分を使用していない製品のことを指します。

「ノンコメドジェニックテスト済み」と表記されているとより安全です。

以上のポイントをふまえ、大人ニキビがある方は、 ・上記の成分が配合されているもの ・「ノンコメドジェニック製品」と書かれているもの を選んで使うようにしましょう! 逆に避けるべき成分・製品は、以下の3つが挙げられます。

避けるべき成分・製品

・殺菌成分 ・肌のバリア力を低下させてしまう ・思春期ニキビ用製品 潤い不足になり、肌のバリア機能が低下する。

選ぶべきアイテムと避けるべきアイテムをしっかり見極めることが大切です。

 

3. 大人ニキビにおすすめの化粧水

ここでは、おすすめの化粧水をご紹介したいと思います。

3-1. 大人ニキビに効く化粧水

ルナメアAC スキンコンディショナー 富士フィルム

「ルナメアAC スキンコンディショナー 富士フィルム」の画像検索結果

出典 | ORBIS 

  ルナメアACの化粧水は、富士フィルムの最新技術であるナノ技術を使用しているため、保湿力と浸透力に非常に優れたアイテムです。

  また、甘草由来の抗炎症作用でニキビを改善しつつ、「ノンコメドジェニック済み」なので新たにニキビができる可能性も低いのがうれしい特徴です。

  商品詳細 ルナメアAC スキンコンディショナー ◇値段:定価2,376円 / 120ml ◇買える場所:ドラッグストア・薬局、インターネット販売・電話注文 ◇特徴:ノンコメドジェニック済み、無香料、合成着色料不使用、高保湿、ニキビ有効成分 ルナメアACは3ステップで大人ニキビを撃退してくれます。

ファイバースクラブを使った「ファイバーフォーム」という洗顔フォームは、通常のスクラブのように肌を傷つけることなく清潔な肌を保ってくれます。

「スキンコンディショナー」という化粧水は、ナノ化した有効成分が毛穴に直接はたらきかけてくれます。

そして自然由来のハーバルモイストエキスを配合した「ジェルクリーム」で、肌をやさしくつつみ込んでくれるでしょう。

オルビス 薬用クリアローション

「オルビス 薬用クリアローション」の画像検索結果 大人ニキビにおすすめのオルビスの化粧水は「薬用クリアローション」です。

紫根エキスがお肌のバリア機能をアップさせ、甘草由来の成分がニキビ防いで肌を健やかに保ちます。

  商品詳細 オルビス 薬用 クリアローション ◇値段:定価1620円(ボトル入り)、1404円(詰め替え用) / 180ml ◇買える場所:インターネット販売・電話注文 ◇特徴:紫根エキス、甘草エキス、無香料、無着色、アルコールフリー、高保湿 オイルカットですのでベタつきを抑え、うるおいを実感できるとの声が多いです。

生理前になると肌のバリア機能が低下し、大人ニキビができやすくなります。

そこに着目して、肌のバリア機能をアップさせる紫根エキスを配合しています。

また大人ニキビの治療に効果的なグリチルリチン酸ジカリウムは、甘草エキスとして肌荒れに直接はたらきかけってくれます。

さらに大人ニキビの大敵である乾燥から肌を守るため、浸透型コラーゲン配合の高保湿バリアで外的ダメージから守ってくれます。

コスメサイトの「アットコスメ」でも高評価の口コミが多いです。

ビーグレン クレイローション

「ビーグレン クレイローション」の画像検索結果

出典 | Beverly Glen Laboratories,  

大人ニキビ化粧水なら、ビーグレンの「クレイローション」があります。

お肌への刺激を減らしてニキビの炎症を抑える有効成分・グリチルリチン酸配合で、敏感肌や乾燥しがちな方でも安心して使えるアイテムです。

また、ニキビ菌や毛穴の奥の汚れまで吸い寄せる天然クレイ「モンモリロナイト」配合で、しっかりとニキビができないお肌に導いてくれます。

さらにカミツレエキスや納豆エキスなどお肌を整える美容成分も。

とろみ感がありつつスッとなじむテクスチャーです。

  商品詳細 b.glen(ビーグレン) クレイローション ◇値段:定価4000円 / 150ml ◇買える場所:公式通販・電話注文 ◇特徴:グリチルリチン酸配合、ヒアルロン酸配合、カミツレエキス・納豆エキス・オウゴンエキス配合(美容成分)、低刺激、無香料 なんとリピート率が98.7%というのですから驚きですね。

クレイローションは刺激が少なく、やさしく肌環境を整えてくれます。

従来のニキビ用化粧水は、殺菌や抗炎症作用が優先させることで刺激が強いことが難点でした。

それに比べてビーグレンの「クレイローション」は、天然のクレイで外的刺激から肌を守ってくれます。

そしてうるおいを与えることで、大人ニキビの原因となる乾燥や毛穴のつまりを防いでくれるのです。

NOV ACアクティブ フェイスローション

「NOV ACアクティブ フェイスローション」の画像検索結果

出典 | たった3分でわかる!ニキビ肌の化粧水・乳液!おすすめ5選 

臨床皮膚医学に基づき敏感肌・ニキビ肌さんのために生まれたのがNOVの「ACアクティブ フェイスローション」です。

こちらのアイテムには、 ・セラミド・ヒアルロン酸(保湿成分) ・ビタミンC・E誘導体(テカり・べたつきを抑える) といった成分が配合されており、お肌の皮脂バランスをしっかり整えることで根本からニキビを改善に導いてくれます。

またニキビになりにくい「ノンコメドジェニックテスト済み」なことに加え、無香料・無着色・オイルフリー。

繰り返しがちなニキビ肌もきちんと改善してくれる化粧水です。

  商品詳細 ノブ ACアクティブ フェイスローション ◇値段:定価3240円 / 135ml ◇買える場所:インターネット販売 ◇特徴:ビタミンC・E誘導体配合、無香料無着色、オイルフリー、高保湿、低刺激、ノンコメドジェニックテスト済み

ラ・ミューテ エンリッチ化粧水

「ラ・ミューテ エンリッチ化粧水」の画像検索結果

出典 | ラ・ミューテ 

身体のホルモンバランスを整えることで、大人ニキビを根本的に改善してくれるのがラ・ミューテ「エンリッチ化粧水」です。

独自技術により通常よりも多くの美容成分を含むダマスクスローズウォーターを使用し、乱れたホルモンバランスを整えます。

さらにお肌が深部から潤うよう超微粒子の保湿成分「ナノヒアルロン酸・ナノコラーゲン」を配合しており保湿機能も申し分なしと言えるでしょう。

合成着色料やアルコールなど、肌を刺激する成分を排除しているため、優しく確実なニキビケアが期待できます。

  商品詳細 ラ・ミューテ エンリッチ化粧水 ◇値段:定価6380円 / 100ml ◇買える場所:インターネット販売 ◇特徴:ナノコラーゲン・ナノヒアルロン酸配合、アルコール・パラベン・合成着色料・鉱物油フリー、低刺激、ダマスクスローズ成分配合 大人ニキビ化粧水を製薬会社と共同開発したラ・ミューテの「エンリッチ化粧水」は、モニターの92%が満足している高評価の化粧水です。

石油系合成界面活性剤やアルコール、パラベンなどが不使用のためお肌に優しい大人ニキビ用化粧水です。

ちょっと高価ではありますが、それだけ効果に満足している人も多いようです。

NOV

「NOV」の画像検索結果

出典 | TOKIWA Pharmaceutical  

大人ニキビ化粧水なら、NOVの「ACアクティブフェイスローション」があります。

「ACアクティブフェイスローション」は、臨床皮膚医学に基づいて作られています。

皮脂によるベタつきを抑えることで、肌が乾燥するのを防ぐと言われています。

ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が配合されているので、乾燥を防ぐことでターンオーバーを正常に働かせる効果が期待できると思います。

 

3-2. ビタミンC誘導体配合のおすすめ化粧水

ニキビに効果のあるビタミンC誘導体が配合されている化粧水をご紹介したいと思います。

SIBODY VCローション

繰り返してしまうニキビの原因を改善してくれるのが、この「VCローション」です。

最新のビタミンC誘導体「VC200」をはじめ、高機能なビタミンA・Eも配合されているのでニキビや吹き出物から毛穴トラブルなど大人の肌トラブルまで解消してくれます。

無香料、無着色、アルコール・界面活性剤フリーなど低刺激なため、弱ってしまったお肌でも使うことができるアイテムです。

  商品詳細 SIBODY VCローション ◇値段:定価8640円 / 150ml ◇買える場所:インターネット販売・電話注文・店舗 ◇特徴:ビタミンC誘導体配合、ビタミンA・E配合、無香料無着色、アルコールフリー 大人ニキビに効果が期待できるビタミンC誘導体配合の化粧水は、ドクターシーラボの「VC100エッセンスローション」です。

アットコスメの化粧水部門でも1位を獲得したことがある実力派の化粧水です。

高浸透型ビタミンC誘導体が配合されていますが、浸透力が高くて肌にハリと弾力を与える作用が期待できると思います。

セラフィナイトプレシャス ローション

とろみのある液が素早くお肌に浸透し、艶のあるお肌に導きます。

ビタミンC誘導体はもちろん、抗炎症作用や美白効果といった美容効果が凝縮された「プラセンタエキス」も配合されているので大人ニキビの改善に期待できる化粧水です。

商品詳細 セラフィナイトプレシャス ローション ◇値段:定価2520円 / 150ml ◇買える場所:インターネット販売・ドラッグストア等 ◇特徴:ビタミンC誘導体配合、ヒアルロン酸配合、ローズエッセンス配合、プラセンタエキス配合、無着色・無香料・パラベンフリー

プチプラな化粧水

大人ニキビに効果が期待できるプチプラな化粧水は、ナチュリエの「ハトムギ化粧水」です。

たっぷり大容量の500mlで、定価650円です。

ネットで購入できるのはもちろん、ドラッグストアでも簡単に購入できます。

サッパリとしっとりのバランスが良く、美肌効果も期待できると評判。

セラミド配合化粧水

大人ニキビに効果が期待できるセラミド配合の化粧水は、小林製薬の「セフミド」があります。

セラミドにはいくつかの種類があり、小林製薬が注目した「ヒト型セラミド」は通常の3倍の保水力があると考えられています。

朝から夜まで1日中うるおいが続くと実感できることでしょう。

3-3. リーズナブルで手に入れやすいおすすめ化粧水とは

ナチュリエ スキンコンディショナー ハトムギ化粧水

言わずと知れた天然植物成分ハトムギエキス配合のハトムギ化粧水です。

お肌にすうっと馴染み、スキンコンディションを整えます。

無香料・無着色なのでお肌に優しく、グリチルリチン酸がニキビの炎症を抑えるのです。

商品詳細 ナチュリエ スキンコンディショナー ハトムギ化粧水 ◇値段:定価650円 / 500ml ◇買える場所:インターネット販売・ドラッグストア等 ◇特徴:ハトムギエキス配合、グリチルリチン酸配合、無着色・無香料

◇地の塩 どくだみ化粧水

保湿成分であるどくだみエキスがお肌に潤いを与えながらキメを整える、自然派化粧水です。

どくだみの持つ湿疹やかぶれに効く効能がニキビにも作用し、徐々にニキビ肌を改善してくれます。

さっぱりとした仕上がりになるでしょう。

商品詳細 地の塩 どくだみ化粧水 ◇値段:定価680円 / 500ml ◇買える場所:インターネット販売・ドラッグストア等 ◇特徴:どくだみエキス配合、ローズ水配合、甘草エキス配合、無着色・無香料

◇無印良品 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ

無香料・無着色・アルコールフリーの、敏感肌の方に向けた化粧水なのでとにかくお肌に優しいです。

たっぷりの保湿成分でお肌を保護し、乾燥からくるニキビを予防します。

商品詳細 無印良品 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ ◇値段:定価700円 / 200ml ◇買える場所:インターネット販売・無印良品の店舗 ◇特徴:グレープフルーツ種子エキス配合、ヒアルロン酸配合、無香料・無着色・無鉱物油、パラベンフリー・アルコールフリー、アレルギーテスト済み  

4. 正しい化粧水のつけ方&アフターケア

「正しい化粧水のつけ方&アフターケア」の画像検索結果

出典 | ニキビ化粧品ランキング 

ここでは、正しい化粧水のつけかたと、化粧水後の正しいスキンケアについてご紹介したいと思います。

4-1. 正しい化粧水のつけ方

正しく化粧水をつける前に、正しい洗顔を行う必要があります。

そのポイントは以下の通りです。

・洗顔は1日2回 ・たっぷりの弾力泡で洗う ・ゴシゴシと強くこすらないこと、顔に直接シャワーを当てない このポイントを守って優しく洗顔しましょう。

顔の皮膚は非常に薄くデリケートなので、大切に扱いましょう。

ちなみに、大人ニキビ肌におすすめの洗顔料は、低刺激でしっかり汚れを落としてくれる「固形せっけん」です。

おすすめは「non.A(ノン・エー)」や「牛乳石鹸」などが挙げられます。

4-2. アフターケア

しっかりと保湿を行うためには、化粧水後の正しいスキンケアも大切です。

ここでは、洗顔後のスキンケアの流れとポイントを詳しく説明します。

・化粧水をつけるとき

洗顔後のお肌はとっても無防備です。

水分を拭き取ったら直ちに化粧水をつけてあげましょう。

それ以上の時間放置すると、お肌の乾燥が著しく進行してしまいます。

正しい化粧水のつけ方は以下の手順です。

手で軽く化粧水をあたため、そのまま優しく顔全体になじませる⇒目元や口元など乾燥しやすいところには化粧水を追加して、指の腹を使ってなじませる⇒手のひらが肌に吸いつくよう顔全体に化粧水がなじんだら完了になります⇒また手で化粧水をつける時、化粧水をお肌に叩き込むのでなく、押し付けるように浸透させましょう。

⇒ちなみに、化粧水はタオルで拭き取ってから30秒以内がベストのタイミングです。

特に気を付ける部分は、化粧水はコットンではなく直接手でつけましょう。

化粧水が手の熱であたたまり、浸透力がアップします。

このとき、パッティングするのではなく、お肌に押し当てるようにするとより効果的と言えます。

・乳液や美容液をつけるとき

さて次は、化粧水をつけたら、次は乳液や美容液をつけましょう。

つける順番は、「化粧水 ⇒美容液 ⇒乳液」です。

乳液には、 ・化粧水の蒸発を抑える ・油溶性の美容成分を補う という役割があります。

化粧水で水分を補った後は、乳液で油分を補い、お肌のバランスを整えてあげることが大切なのです。

大人ニキビは乾燥が主な原因であることが多いので、乳液で保湿することは特に重要ですね。

美容液・乳液も化粧水同様に、お肌に押し付けるようにして塗り込みます。

ここまでの流れとポイントをまとめてみましょう。

正しい洗顔とスキンケアの流れ ・洗顔は1日2回、優しく洗うこと ・化粧水は洗顔後すぐに手でつける ・パッティングはNG ・ケアアイテムは 化粧水⇒美容液⇒乳液 正しい方法でしっかりとスキンケアをすることが、大人ニキビの改善につながると言えるでしょう。

 

5.ニキビケアに必要な道具は?

「ニキビケアに必要な道具は?」の画像検索結果

出典 |  kirei-kenkou ,  

お肌のニキビケアをする際は道具が必要です。

道具を全て揃えて正しいケアをしていくことでニキビを防げるので、道具は一通り用意しておきましょう。

では必要な道具について紹介していきます。

化粧水

ニキビケアに化粧水は必須です。

肌を潤す効果があるので、肌を健康にする・乾燥を防いでくれるといった事に繋がります。

化粧水には美白の効果や保湿の効果、アンチエイジングの効果など様々なものがあります。

ニキビケア用品としてなら保湿効果が高いものがおすすめです。

乳液やクリーム

乳液やクリームは化粧水を肌に馴染ませた後に使用します。

化粧水で肌に潤いを与えても時間の経過とともに潤いは逃げてしまいますが、乳液やクリームで肌に蓋をすることによって潤いを肌に閉じ込めることができるでしょう。

出来てしまったニキビには薬も有効

ニキビが出来てしまったら、化粧水や乳液などのスキンケア用品の他に薬の使用もおすすめです。

ニキビケアの薬は薬局に売っている物も多くありますので、お店のスタッフに効果が高いものを聞いてみてもいいですね。

ニキビケアの薬を塗ることでニキビの治りが早くなりますよ。

ニキビケアをするなら化粧品もチェック

特に、女性は毎日化粧をすると思いますが、その化粧品が肌に合わずにニキビになってしまうこともあります。

そのため自分の肌に合った化粧品を使うことが重要なのです。

毎日スキンケアをきちんとしているのに、ニキビができると思ったら使用している化粧品を変えてみましょう。

 

6. まとめ

大人ニキビに効くおすすめの化粧水はいかがでしたか?大人ニキビに効果が期待できる化粧水は、薬用クリアローションやエンリッチ化粧水、クレイローションやACアクティブフェイスローションなどがアットコスメでも評価が高いです。

化粧水は最低2週間使い続けないと効果が表われにくいです。

お肌に合うのはもちろん、長く使い続けられるような化粧水が見つけましょう。

ニキビケアは思春期ニキビか大人ニキビかによってケア方法が変わってきます。

大人ニキビは乾燥によって皮脂の分泌が増えることが一番の原因のようです。

そうすると肌荒れを起こしてターンオーバーが乱れてしまうのです。

高価な化粧水も多いですが、まずはプチプラなハトムギ化粧水からチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。

しかしどちらにも共通するのが肌を清潔にして潤いを保つことです。

この二つが肌を健康な状態にし、ニキビの出来にくい肌へと導いてくれます。

日頃からしっかりとケアしていれば自然とニキビは減っていきますので、自分の肌に合ったニキビケア用品で毎日コツコツとケアをして、大人ニキビのないお肌を手に入れましょう。

是非、参考にしてみてください。

 

参考記事

本日は肌荒れと、ニキビについて。


あらゆるお肌のお悩みでも「肌荒れ」と「ニキビ」は、誰もが一度は悩んだ経験がありますよね。

肌荒れもニキビも鏡を見ると憂鬱ですし、一度気になると気になって仕方がなくなるもの。

どちらも悩ましいお肌の症状ですが、そもそも肌荒れとニキビはどんな関係性があるのでしょうか。

肌荒れとニキビの違いと原因を探り、関係性をみていきましょう。

キレイに治すための改善法と皮膚科での治療についても紹介します。

これを読んで、ぜひ参考にしてみてください。

目次

1. 肌荒れとニキビについて
1-1. 肌荒れとニキビの違いは?
1-2. 肌荒れの原因
1-3. ニキビの原因

2. 肌荒れ改善法について
2-1. 睡眠・食事を見直す
2-2. お手入れは保湿を中心に優しく
2-3. サプリを活用する

3. ニキビも出来ている場合の改善法について
3-1. ニキビは部分的にケアする
3-2. 外部からの刺激に注意
4. 肌荒れとニキビ、皮膚科での治療について
4-1. 肌荒れの場合
4-2. ニキビも出来ている場合

5.まとめ

1. 肌荒れとニキビについて

1-1. 肌荒れとニキビの違いは?

6d6125d7b4b243a4c2913e11965c6b44_s まずは肌荒れについて説明します。

肌荒れは、皮膚のキメが乱れて何らかの肌トラブルが出ている状態のことを指します。

お肌に赤みが出たり、かゆみが出たり、カサカサ乾燥したり、吹き出物が出来たりと不快な症状が出ている状態のことをまとめて「肌荒れ」と称します。

次にニキビについて説明します。

ニキビは「尋常性ざ瘡」という皮膚の病気で、毛の根元にある袋上の部分である毛包や皮脂膜が炎症を起こしている状態を指します。

このニキビは皮膚の新陳代謝が低下して肌の生まれ変わりが乱れ、毛穴が詰まることにより起きます。

一般的に吹き出物というのは大人になってからのニキビのことを言いますので、吹き出物も肌荒れに含まれますからニキビも当然肌荒れの症状の一つでもあると言えます。

肌荒れもニキビも出来る原因としては密接な関係があるのですが、肌荒れが起きている状態とニキビも出来ている状態では原因が違う部分もあります。

では、次にそれぞれの原因についてみていきましょう。

今回参考にさせていただいた記事

1-2. 肌荒れの原因

スキンケアを普通に行っていても突然肌に赤みが出たり、かさかさしたり、かゆみが出る肌荒れは一体どんな原因で起きてしまうのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

肌荒れの状態の時はお肌の表皮内の水分量が低下しており、保湿力が弱まっている状態になっています。

するとお肌の乾燥が進み、さらには表皮や角質の新陳代謝が低下して、お肌の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れてしまいます。

すると古くなった角質がうまくはがれおちなくなるため、角質が水分を保てなくなり、お肌のバリア機能が低下してしまいます。

このことが肌荒れを起こす原因となってしまうのです、 このターンオーバーの乱れからバリア機能を低下させてしまう要因としては、以下のようなものが挙げられます。

血行不良

39c0a66d96307eee6c55d94cdec0b2c6_f662

出典 | http://www.biyougeka.com/

血行が悪くなってしまうと全身に栄養が行き渡らなくなるだけではなく、老廃物が排出されにくくなってしまいます。

すると、お肌でも老廃物が排出されにくくなることで肌の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れてしまい、肌荒れが起きやすくなってしまいます。

睡眠不足

6c2d4d3315b5676db1bd56d1aecf22fb_s 睡眠不足も肌荒れに影響します。

人間は睡眠中に成長ホルモンが分泌されるのですが、睡眠時間が短かったり質の良い睡眠が取れていないと、うまく成長ホルモンが分泌されずにお肌の生まれ変わりが滞ってしまうのです。

すると古い角質がはがれおちにくくなり、水分を蓄える力が低下してしまいますので、肌荒れの原因に繋がってしまいます。

腸内環境の影響

腸内環境も肌荒れと大きな関係があります。

便秘になると、肌荒れが起きてしまう方も多いのではないでしょうか?便秘になると腸内に便が長く滞ることによって有害物質が発生してしまうのですが、それが血液に溶け出し全身をめぐっていき、ひいては汗や皮脂などと一緒に体外に排出されます。

その排出するのにお肌の新陳代謝が追いつかなくなると、汚れを取り除ききれなくなり、肌荒れの原因となってしまうのです。

また、腸内環境が悪化してしまうと、自律神経の働きが弱まってしまい、お肌の新陳代謝を担っている自立神経の働きが低下してしまうので、ひいては肌荒れの原因となるのです。

保湿不足

保湿不足も肌荒れの原因の大きな一つです。

お肌が乾燥してしまうとお肌のバリア機能が低下してしまいますから、肌荒れの原因となってしまいます。

特にカサカサしたりする肌荒れの方は保湿不足が大きな原因であるかもしれません。

お肌がきちんと潤っていることでお肌を守る皮脂膜も正常に保たれますから、お肌の保湿不足による乾燥は肌荒れの原因の大きな要因であると言えます。

紫外線の影響

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s 紫外線も肌荒れの原因となりえます。

紫外線を浴びると人はお肌を守ろうとして活性酸素をつくりだすのですが、この活性酸素が大量につくられてしまうと強力な酸化作用によってお肌が損傷を受けてしまい、肌荒れの原因になってしまうのです。

夏場に肌荒れが酷くなる方はもしかしたら紫外線の影響が原因かもしれません。

1-3. ニキビの原因

では次に肌荒れが起きている上で、ニキビも出来る原因についてみていきましょう。

ニキビは毛穴が古い角質や皮脂で毛穴詰まりを起こし炎症を起こしている状態なのですが、その原因はまず過剰な皮脂の分泌にあります。

この過剰な皮脂の分泌は、お肌の水分不足によって引き起こされたり、ホルモンバランスの乱れで引き起こされたりするのですが、根本的な原因は肌荒れの原因と共通しているものが多いです。

肌荒れの原因をベースとして、特に以下のような状態になった時にニキビが出来やすくなります。

過剰な皮脂の分泌

shindan1_02

出典 |http://www.dhc.co.jp/

もともと皮脂はお肌を外部の刺激から守るために欠かせないものですので、適度な量は必要なのですが、過剰に皮脂が分泌されてしまうと、毛穴詰まりを起こしやすくしてしまうのでニキビが出来る原因へとつながってしまいます。

ですからお肌の水分と油分のバランスがうまく取れていないと皮脂が過剰に分泌されてしまいますので、結果毛穴詰まりを起こしてしまいニキビが出来る可能性が考えられます。

ホルモンバランスの乱れ

生理前はよく肌荒れしてしまう女性が多いかもしれませんが、肌荒れだけでなくニキビが出来やすい方は、ホルモンバランスが大きく影響しているかもしれません。

生理前になると女性はプロゲステロン(黄体ホルモン)が優位になるのですが、このプロゲステロン(黄体ホルモン)は皮脂の分泌を促しますので、皮脂が過剰になってしまいます。

すると過剰な皮脂により毛穴詰まりを起こしてしまいますので、ニキビが出来やすくなってしまうのです。

特に生理前に顎にニキビが出来やすい方はお顔の中でも毛穴の小さい顎部分がホルモンバランスの影響を受けやすいので、生理周期によるホルモンバランスの乱れでニキビが発生している可能性が大きいでしょう。

6f8d28402b88654456fe140c75ce05dd_s また、肌荒れの原因ともなりえるのですがストレスも原因として大きく関係しています。

ホルモンバランスとストレスは切っても切れない関係で、強いストレスを受けると人間の身体はストレスに対抗しようとして様々なホルモンを分泌させます。

この働きでストレスに対抗できるようになるのですが、一方でホルモンが分泌されつづけることにより、身体の免疫力が低下してしまうのです。

免疫力が低下してしまうと当然、肌荒れも起きやすくなりますし、外からの刺激にも弱くなるのでニキビが出来やすくなってしまうのです。

偏った食生活

ニキビの原因を考えると偏った食事も原因の一つとして考えられます。

油分の多い食材や脂っぽい食事が多いとどうしても皮脂の過剰分泌が起きてしまうので、毛穴詰まりが起きやすくなり、ニキビの原因となってしまいます。

cf79d11a12e727d1d80d72b17a9cfa50_s 美容によいとされているアボカドやココナッツオイルなども摂りすぎてしまうと油分が多い為、油分の過剰摂取になってしまい、お肌の皮脂量も増えることによってニキビの原因につながっている場合もあります。

このようにニキビの原因は過剰な皮脂による原因が多いのですが、ホルモンバランスの乱れなどは肌荒れの原因と共通している部分が多いです。

では、具体的にどのように改善していけばよいのか、肌荒れが起きている状態の時と、ニキビも出来ている状態の場合にわけてみていきましょう。

2. 肌荒れ改善法について

まずは肌荒れの改善法からみていきましょう。

2-1. 睡眠・食事を見直す

睡眠

2c06a85402ab452ddd8439ee3b14e675_s お肌がつくられるのは寝ている間の「ノンレム睡眠」と呼ばれる深い眠りの時です。

この時に成長ホルモンの分泌が活発になり、お肌の修復や新陳代謝が高まりますので、質の良い睡眠をとることが大切になります。

出来れば眠りを妨げてしまうアルコールの摂取は控えて、カフェインを含むコーヒーなども寝る前には控えましょう。

また、スムーズな入眠を誘うためにも寝る前にはテレビやパソコン、スマートフォンの画面を見るのを控えていただくのも良いでしょう。

なかなか睡眠時間を確保するのが難しい方もいらっしゃるかもしれませんが、就寝の三時間から肌の細胞分裂が活発になると言われていますので、出来れば6時間以上の睡眠を目標にしていただくのもオススメします。

そして、リラックスして眠れるようにアロマテラピーを活用したり、軽いストレッチをして身体の緊張をほぐしたりするもの良いでしょう。

食事

食事については、偏った食事を避けてバランスの良い食事をとるように心がけましょう。

たとえば、糖分の取りすぎは肌の免疫力を低下させてしまいます。

また、カフェインの取りすぎも利尿作用により体内の水分を排出させすぎてしまう可能性がありますので、乾燥を招く原因となってしまいます。

コーヒーは一日3杯くらいが適量と言われていますので飲みすぎには注意しましょう。

また、緑茶や紅茶などもカフェインを含んでいますので、コーヒーと同じように飲みすぎには注意してください。

他にも油分の取りすぎは過剰な皮脂を分泌させ肌荒れの原因となりますから、脂っこい食事を控えたり、揚げ物は少なめにするなど油分についても過剰摂取をしないよう心がけていただくと良いでしょう。

肌荒れに良い成分を含んだ食材例
肌荒れに良いとされている成分を含んだ食材を紹介します。

0bdb25361676955bd7c41b99e9da6202_s ■皮脂の過剰な分泌を抑える働きを持つビタミンBを多く含むもの…レバー(特に豚)、うなぎ ■抗酸化作用があり、皮脂の酸化を防ぐ働きを持つビタミンCを多く含むもの…パプリカ、ゴーヤ ■皮膚の乾燥や色素沈着を防いで、粘膜を正常に保つ働きがあるビタミンAを多く含むもの…レバー(鶏、豚)、バター ■活性酸素を取り除く働きのあるリコピンを多く含むもの…トマト ■皮膚を形成するタンパク質を多く含むもの…赤みの肉、卵 ■女性ホルモンをコントロールし、活性酸素を抑制する働きを持つイソフラボンを多く含むもの…大豆 また、便秘も肌荒れの原因となりますから、食物繊維を多く含む食材をとるように心がけましょう。

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。

水溶性食物繊維はわかめやこんぶなどの海藻類に含まれており、バナナやりんごなどの果物などにも含まれています。

善玉菌を増やす効果がありますので、積極的にとりたい成分です。

不溶性食物繊維はごぼうやキャベツなどの野菜や穀物に含まれており、水分を吸収して膨らみ、腸の蠕動運動を促す働きがあります。

ぜひ参考にして普段の食事に取り入れていただき、バランスの良い食事を目指していただければと思います。

2-2. お手入れは保湿を中心に優しく

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s 肌荒れを防ぐには、普段のお手入れでは特に「保湿」に力を入れていただきたいと思います。

お肌がきちんと潤っているとお肌のターンオーバーも正常に働き、きちんと古い角質がはがれおちるようになります。

角質がしっかりと水分を蓄えられるようになるお肌はバリア機能も高まるので、トラブルが起きにくくなるでしょう。

化粧水での保湿が終わった後は、乳液などでお肌の保護膜をつくるようにしましょう。

与えた水分を逃がしにくくして、お肌を守る働きを担ってくれる乳液は肌の乾燥度によって保湿レベルを選ぶと良いと思います。

べたつきが気になる方はジェルタイプの軽い感触の乳液を選ぶとよいでしょう。

洗願においても、お肌の皮脂をとりすぎてしまわないように、しっかりと洗顔料を泡立てて泡を肌の上で転がすようにやさしく洗ってください。

洗顔料もお肌が荒れている時は敏感肌用などを選ぶと良いでしょう。

また、洗願後は早めにきちんと化粧水などで保湿することを心がけてください。

洗顔後のお肌は無防備な状態であるとも言えますので出来るだけ早めに化粧水などで保湿していただくことをオススメします。

なお、お肌が敏感になっている時は出来ればコットン使いは避けて、手のひらでやさしく包み込むように化粧水をなじませましょう。

皮膚が薄く乾燥しやすい目元などは重ねづけするとよいと思います。

ぜひしっかりと自分のお肌の状態を見極めて、水分量をコントロールしてください。

2-3. サプリ(医薬品)を活用する

肌荒れやニキビの改善法として、サプリや医薬品を活用することもオススメします。

たくさんのメーカーや製薬会社からサプリや医薬品が販売されていますが、代表的なものを紹介していきます。

チョコラBB

package

出典 | http://www.eisai.jp/

60粒1,382円(希望小売価格・税込)15日分※容量はこの他にもあり http://www.chocola.com/product/ 肌荒れに効くサプリ(医薬品)と聞いて思い浮かぶのはこのチョコラBBという方は多いのではないでしょうか?宣伝もよくされていますし、一度は飲んでみたことがある方も少なくはないと思います。

このチョコラBBはお肌の新陳代謝を整えるビタミンB2を最大量配合しており、お肌の生まれ変わりをスムーズにサポートします。

肌荒れが起きている時は粘膜も免疫力が弱まっており口内炎が一緒に出来る方も多いかと思いますが、口内炎にも効くチョコラBBはオススメの医薬品の一つです。

ペアA錠

img_item_01

出典 | http://pair.lion.co.jp/

60粒1,400円(小売希望価格)30日分 http://pair.lion.co.jp/products/tablets/ 五つの有効成分が新陳代謝を促し、古い角質や皮膚などの老廃物を排出する働きを高めることで、肌荒れや繰り返すニキビを改善していきます。

ライオン株式会社の商品でドラッグストアや薬局・オンラインストアでも購入できます。

マルチビタミン&ミネラル

multi_vitamin

出典 |http://www.ls2.jp/lineup/images/005multi_vitamin/multi_vitamin.jpg

90粒3564円(税込)45日分 http://www.ls2.jp/lineup/005multi_vitamin.htm こちらのマルチビタミン&ミネラルは水に溶けやすいビタミンをタイムリリース加工という独自の手法により体内に長く留めておけるよう加工されています。

また不要な添加物を使っていないのも安心できるかと思います。

体の調子を整えるためにも必須なマルチビタミンやミネラルは積極的にとりたい成分でもありますので、サプリや医薬品で補給するのも良いでしょう。

ビタミンC

basiccare05_img_01

出典 | http://www.dear-natura.com/

60粒380円(税抜)30日分※容量はこの他にもあり http://www.dear-natura.com/product/basiccare05.html ディアナチュラのビタミンCは一日2粒でビタミンCが1000mg摂取できます。

安価な価格設定ですし、ドラッグストアでもよく見かけますから気軽に試せるのは嬉しいですね。

シミ予防や美肌のためにも取りたいビタミンCをサプリで補うのも健やかなお肌づくりに効果的だと思います。

ツムラ漢方当帰芍薬散料エキス錠A (とうきしゃくやくさんりょう)

01

出典 | https://www.tsumura.co.jp/products/forwomen/img/01.jpg

90粒2,600円(税抜)10日分 https://www.tsumura.co.jp/products/forwomen/touki.htm 血行不良や冷え性からくる荒れにお悩みの方に根本治療として漢方薬を用いるのもよいかと思います。

他にも体質によって合う漢方薬は様々ですから、まずは薬局や薬剤師に相談してみましょう。

クリアステップ

2601060_800_1

出典 |http://www.orbis.co.jp/

60粒1,944円(税込)30日分 http://www.orbis.co.jp/small/2601060/ オルビス化粧品のクリアステップはドクダミやハトムギなど和漢の力に着目し、内側からバランスを整えて健やかなお肌に導きます。

実は筆者も肌荒れが酷かった時に飲用したことがあるのですが、少しずつ肌荒れが治まり効いていると感じたサプリの一つです。

クリアクネア

32138_l

出典 | http://www.dhc.co.jp/

60粒1,143円(税抜)30日分 http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=32138 たくさんのサプリが販売されているDHCの商品の一つです。

ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビオチン・ビタミンCが配合されており、過剰な皮脂分泌やお肌のターンオーバー、潤いやバリア機能などに働きかけることで、バランスよいお肌に導きます。

比較的続けやすい良心的な価格なのは嬉しいですね。

他にも様々なサプリや医薬品が販売されていますが、代表的なものや口コミの多い商品をご紹介しました。

どの商品もドラッグストアや通販で購入できますので、肌荒れ対策の一つとして参考にしていただければと思います。

3. ニキビも出来ている場合の改善法について

では、次にニキビも出来ている場合の改善法についても見ていきましょう。

かさかさするなどの肌荒れが起きていて、なおかつニキビもある場合には肌荒れの時の改善法を踏まえた上で以下の点をプラスして気をつけていただければと思います。

3-1. ニキビは部分的にケアする

肌荒れが起きていてニキビも出来ている場合、まずは保湿をしてお肌のバリア機能を高めることが大切ですが、ニキビの出来ている部分に過剰に保湿してしまうとニキビを悪化させてしまう可能性がありますので、面倒に感じるかもしれませんがニキビの部分だけ部分的にケアすることが大切です。

化粧水などで保湿する場合には、乾燥する部分は重ねづけをして、ニキビの部分には少なめに保湿をする、といった風にケアすると良いでしょう。

ニキビがあるからといって保湿をしないのは、お肌を潤わせようとして過剰な皮脂が分泌されてしまいますから、保湿することは忘れないようにしましょう。

その上で、部分的にニキビの部分は化粧水の量をコントロールしてください。

たとえば、ニキビの部分にだけニキビ用の化粧品を使うといった部分使いのケアも良いかと思います。

ケアにおいては肌荒れの時と同様、ニキビを刺激して悪化させてしまわないように、やさしくお手入れしましょう。

外部からの刺激に注意

5f9a0c47d87f865b1bc83ff85001a314_s ニキビが出ている時には外部からの刺激にも注意しましょう。

日焼け止めでの紫外線対策をして、お肌に負担をかけないことは肌荒れの時にも大切なケアです。

さらにニキビを悪化させないように、刺激となる洗顔料のすすぎ残しやシャンプー・リンスのすすぎ残しにも注意しましょう。

洗願は泡立ててやさしく洗い、しっかりとすすいでください。

お肌の水分をふき取る際にはニキビの部分を刺激しないように、そっとタオルでおさえるように拭くと良いでしょう。

シャンプー・リンスもすすぎ残しがないように、洗髪の後はタオルなどで髪をしっかり束ねて、洗願や身体を洗う前に行うようにしていただくのをオススメします。

4. 肌荒れとニキビ、皮膚科での治療について

ここまで肌荒れとニキビについて、セルフケアで実践出来るような改善法をご紹介していきました。

キレイに治すためにはスキンケアや生活習慣を見直すことがまず大事ですが、皮膚科ではどんな治療が出来るのかも気になることと思います。

もし肌荒れやニキビがなかなか改善しなかったり、悪化していく一方でしたら医療の力を借りることも検討してみましょう。

以下で皮膚科での治療についてまとめましたので、参考にしていただければと思います。

4-1. 肌荒れの場合

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s まずはどの皮膚科を受診されても丁寧なカウンセリングがあるかと思います。

いつから肌荒れが始まったのかなど、詳しく症状を聞くことによって原因を探っていきます。

肌荒れに関しては原因を特定することで改善が見られる場合が多いですから、カウンセリングをしっかりしてくれる皮膚科を選ぶのがオススメです。

カウンセリングにより原因を明らかにした上で、生活習慣やスキンケアにおいてのアドバイスをもらえるかと思います。

肌荒れが軽度な場合は乾燥を改善するようなヒルドイドなどの保湿剤が処方されるかと思いますが、重度な場合はステロイド剤や抗ヒスタミン剤などが処方される場合もあるかと思います。

その他にも症状に合わせて内服薬などが処方される場合もあります。

また、保険外で行われる肌荒れに対しての代表的な治療としては以下のようなものがあります。

イオン導入

抗炎症作用がある「トラネキサム酸」をイオン導入して肌荒れを改善します。

また、ビタミンCや毛穴収縮作用をもつグリシルグリシンという成分を導入する場合もあります。

皮膚科によって取り扱いの有無がありますし、価格設定が異なるかと思いますので、詳しくは各皮膚科に問い合わせてください。

ケミカルピーリング

皮膚の表皮細胞の分化と増殖を高め、皮膚のバリア機能を高めます。

古くなった角質を取り除きますので、ターンオーバーの乱れを解消し、健やかなお肌への生まれ変わりを手助けします。

こちらもイオン導入と同様、取り扱いの有無と価格設定が異なりますので、各皮膚科にてお問い合わせください。

4-2. ニキビも出来ている場合

ニキビも出来ている場合にはニキビの部分だけに使用するものとして以下のような薬が処方されます。

外用レチノイド

img_0

出典 | http://blogs.c.yimg.jp/

海外では前から使われていた治療薬ですが、日本でも2008年に認可され使用されるようになりました。

毛穴詰まりを防ぐ効果があり、ニキビ治療薬として人気のある薬です。

ニキビ生成の過程で作用が発揮できるため、初期の白ニキビや黒ニキビにも効果があります。

抗菌薬

炎症がおきているニキビに処方されます。

炎症がひどい場合にアクネ菌の増殖を防ぐために処方されますので、初期のニキビには処方されません。

塗り薬、内服薬とあり、症状に応じて処方されます。

イオン製剤

毛穴に詰まった角質をはがれおちやすくして、毛穴を開きやすくします。

炎症のない初期のニキビに効果的とされています。

薬以外の処置としては代表的なものとして以下のようなものがあります。

面ぽう圧出

r1024794

出典 |http://www.skincare-univ.com/

ニキビの内部にある皮脂や汚れを取り除く施術です。

アクネプッシャーという専用の器具で膿や汚れを押し出しますので、自分で潰すのとは違い衛生的で跡も残りにくく、ニキビの治りも早くなります。

ケミカルピーリング

肌荒れの場合と同様にニキビの治療においてもケミカルピーリングが適用されることもあります。

ただ、ケミカルピーリングは保険外の治療になりますので、皮膚科でよく相談してから受けることをオススメします。

レーザー治療

レーザーによって小さな穴を開け、古い角質や皮脂を取り除き、毛穴詰まりを解消します。

またレーザー照射によってアクネ菌も殺菌されますので、治りが早くなる効果も期待できます。

5. まとめ

37692716e516d54054338ce1a5ba6ce1_s 肌荒れとニキビについて、その違いや関係性とキレイに治すための改善法をご紹介していきましたがいかがでしたか? 肌荒れもニキビも普段のスキンケアや生活習慣を見直すことで改善出来ますし、予防することが出来そうですよね。

健やかなお肌を保つためにも、ぜひご紹介した改善法を取り入れていただければと思います。

また、どうしても改善が見られない場合には無理をして悩みつづけるよりも皮膚科で相談されるのも良いかと思います。

肌荒れやニキビがないお肌はなんとも気持ちのよいものです。

ぜひトラブルのないお肌を目指して頑張りましょう。

本記事が皆さんの健やかなお肌づくりに少しでもお役立ていただけましたら幸いです。

↑このページのトップヘ