はじめに

同じ日本語でも、ビジネルメールで使う日本語といつも話している日本語は表現方法が異なりますよね。英語も同じことが言えます。いきなり英語でビジネスメールを送る必要が出てきた時に使えるメールのフレーズをお伝え致します。

フレーズ10選

bow to ~

「〜に従う」という意味です。「あなたの指示に従います」「そのように致します」など、社内でのやり取りにおいてもよく使われる頻出ワードです。

two way street

直訳すると「二車線道路」ですが、派生して「相互協力関係」という意味になります。お互いにメリットがあるという表現をする時に使います。

be willing to

「喜んで◯◯します。」という意味です。同じ意味で「I’d like to」があります。使う機会の多いフレーズです。社内というより、取引先の相手とのやり取りでよく使われるフレーズです。

established reputation

「定評」という意味です。「◯◯に定評があり〜」と表現したい時に用います。社内の人をクライアントに紹介する時や、自社の製品を紹介する時などに役立つフレーズです。

apart from ~

「〜は別として」という意味です。ビジネスならではのフレーズなので、あまり日常生活では馴染みのない表現かもしれませんが、ビジネスシーンを思い返してみると、結構頻出ワードではないでしょうか?

high volatility

「高不確実性」という意味です。二転三転した言い回しですが、「全然確実じゃない」というニュアンスです。

point fingers

「避難する、批判する」という意味です。

lucrative business

“lucrative”は「儲かる」という意味、”business”がつくと「儲かる仕事」という意味になります。

in nature

直訳すると「自然の中で」になりますが、派生して「本質的に」という意味です。ビジネスっぽい言い回しですよね。

まとめ 

iuhgyftdrsedrftgy_TP_V
外資系の企業に勤める方でも、英語が苦手という方は多いのではないでしょうか?いきなり海外へ転勤することになったり、海外の本社や支社とメールでやりとりが必要になった時は参考になさってください。
スポンサードリンク